sside建築設計事務所|デザイン住宅・狭小住宅の建築設計
HOME
WORKS
DIARY
MEDIA
PROFILE
CONTACT
FAQ
MH 0901

計画地域:東京都日野市
Location : Hino city,Tokyo Prefecture,Japan
主要用途:住宅
Principal use : residence
主要構造:木造
Structure : wooden
敷地面積:125.74u
Site area
延床面積:99.54u
Total floor area
撮影:上條泰山
Photographer:Taizan Kamijyo
sside建築設計事務所
photo001
photo002
photo003
photo004
photo005
photo006
photo007
photo008
photo009
sside architects
...concept
東京都の西、多摩川の源流である浅川のほとりに、住宅「MH」は建設された。計画がスタートした際何度も現地に足を運び、その都度川辺で戯れる人々の景色を目にすることになる。「川の流れは人を引き付ける」そんな素朴なメッセージが頭の中を反芻した。川を家として体感するため、さらには川の穏やかな流れの記憶を建築として残せたら・・・と考え、プランの枢要が確定する。


川の流れは単純な営みだが、美しく、人の心を引きつけて離さない。まるで、日本の俳句のように極限なまでのシンプルな美なのである。4つのブロックが交互に組み合わさるという単純な仕組みでできている構成は、非常に単純で、都市とのかかわりを避けるようにひっそりと佇む。そんなブロックをずらすことによって発生した空間は、まるで迂路である川の流れのように「溜り」となり住人に安らぎの空間を提供する。さらに横のずれだけでは無く、上下の複雑なレベル差によって川の流れを表現し、そのリズミカルなステップは、高揚感と期待感を誘う。そんな空間を往来すると、窓の外を流れる川のイメージが、意識の中に飛来するのである。

そんなシンプルな計画は、日々の生活の中でも決して飽きが来ず「住まう」行為を魅力的にし、我々の心を引き付ける。