sside建築設計事務所|デザイン住宅・狭小住宅の建築設計
HOME
WORKS
DIARY
MEDIA
PROFILE
CONTACT
FAQ
 sside建築設計事務所 FAQ


Q:具体的な事が何も決まってないのですが、相談にのっていただけますか?

A:
まずは、お電話もしくはメールなどでご一報下さい。
実際にお会いして、お話をお伺いさせていただきます。
お客様のご趣味、好きな食べ物、音楽、スポーツ等々から始り、どんなインテリアが
好きか、どんな空間に魅力を感じるか等のイメージをお話いただければと思います。
我々の活動内容や設計趣旨もご説明させて下さい。お互いの価値観を共有するような
時間になればと考えています。お気軽な気持ちでご連絡下さい。
遠方の方はお伺い致しますので、一度ご確認いただければと思います。




Q:土地がまだ決まってないのですが・・・

A:
土地探しからお手伝いさせていただいております。
お客様のご要望にあった敷地を、「価格面」「ボリューム面」「周辺環境」等の角度から
検討いたします。実際今までのお客様の約半数の方が当事務所を訪れた際に土地が
決まっていませんでした。ご安心下さい。
敷地の形が整形でなくても大丈夫です。どんな形の土地であっても、その「カタチ」
にあった最善のプランを導き出します。




Q:土地は決まっています。お伺いする際に必要な物はありますか?

A:
土地の詳細な資料をお持ち下さい。
敷地が当事務所近郊にある場合は、土地を事前に拝見いたします。
FAXもしくはメールにて詳細をいただければ、当日はお体一つでお越しいただけれ
ばと思います。ただし、お客様の夢の家の第一歩です。「あーしたい。こーしたい」と
いったご要望をどんどんぶつけて下さい。可能な限り要望を取り入れたアイデアを
提案させていただきます。




Q:敷地が小さいので狭小住宅しか建ちそうにないのですが・・・

A:
ご安心下さい。目黒区や世田谷区等の23区内でsside建築設計事務所が設計監理
した物件は約半数が狭小住宅です。狭い土地ながらもお客様のご要望をふんだんに取
り入れ完成した住宅は大変魅力的です。厳しい敷地条件だからこそ導き出せる部分が
たくさんありますので、一度ご相談下さい。




Q:狭小住宅って住みづらくないの?

A:
狭小という言葉が先行して、窮屈なイメージをお持ちの方も多いです。
限られた面積を、最大限に活かすための住宅が、私達のつくる狭小住宅であるとお考
えください。確かに、アイデアを練らない単調な面積の小さい家は住みづらいかもし
れません。我々は単純に狭い家ではなく、広がりのある・理想の空間を備えた狭小住
宅をご提案いたします。
住みづらいとは程遠い、驚きに満ちた住宅を一緒につくりあげてみませんか。




Q:設計契約前のプラン作成等は行っていますか?

A:
建築のご相談、基本プラン作成は無料で行っております。
プランも見ないで契約に踏み切るのはやはり勇気のいる事です。さらに、基本プラン
を見ていただき雑談等も交していく中で、私達の意図する方針もご理解いただけるも
のと思っております。




Q:建築家の設計する家って高そう・・・

A:
お客様のご予算を最初にお伺いしてからのスタートになりますので、そこから法外に
オーバーするケースはありえません。ご安心下さい。お客様のご予算の中から最善の
プラン、空間、素材を選び出し設計いたします。
また、工務店との見積調整を行いお客様のご要望に一歩でも近づけます。デザイン
性の高い住宅や構造的に安心を与える設計をするのは当然の事として、我々はお客様
と工務店との間に入り、一般の方にとっては面倒な交渉や監理を一手に引き受けます。
特に金額の折衝や現場の監理は専門知識を要しますので、工務店とお客様との中立の
立場になり、建物が完成するまで尽力を注ぐのが我々の仕事です。




Q:建築家って本当に要望をかなえてくれるの?

A:
世間のイメージですと、建築家=芸術家といった考えが主流なので「建築家の作品と
して考えをごり押しされてしまう」「一方的に住まいの方針が決定されてしまう」
「気軽に話せるかどうか・・・」等の不安が頭をよぎる事でしょう。
sside建築設計事務所に最初にお越しいただくお客様が、最初はみなさん身構えてい
ます! はい。数時間、もしくは数回お会いして我々との話が深まるにつれ、最初の
不安はどこかに行ってしまうようですよ。
当然お客様の要望を伺い、それをより良いカタチにするよう私達の「テイスト」で
あったり「アイデア」を盛り込まさせていただくのですが、それは決して芸術家とし
てのものではない事をご理解下さい。
今までお客様が買われてきた物はすべて手にとり、もしくは体感する事ができたかも
しれません。しかし家づくりは違います。お客様のイメージが100%カタチになる事は
非常に稀な事なのかもしれません。そのお手伝いをするのが私達です。打合せ時に
イメージをすべて聞き出し、それを何度も何度も図面化し確認作業を行い、現場でも
そのイメージを狂わせぬよう指示を出します。家は1度建てると、その空間とともに
一生を終える人が大半ではないでしょうか。その大切な買物を満足する事ができる
ようにするために我々が存在するのです。




Q:施工場所が関東では無いのですが・・・

A:
もちろん大丈夫です。
交通費、宿泊費は別途いただきますが、全国どこでも対応可能です。
まずはお気軽にご連絡をいただければと思います。




Q:完成した家を見学することってできますか?

A:
いままでご契約していただいたお客様も、私達が設計しました物件に訪れ、お施主様に
お話しを伺っている方が多いです。
設計図ではわかりづらい空間体験をして、始めて理解できるポイントも多いはず。
まずはお施主様に根掘り葉掘り聞いてみて下さい。




Q:建物完成後の対応は?

A:
かなり良く聞くご質問ですね。
住宅は完成してお引渡をして「終了」ではありません。住宅はまるで生き物のように
刻々と変化しています。細かいメンテナンスやちょっとした疑問等が生まれる事と思
います。工務店にはちょっと「聞きづらい」「これは実費で補修するのかな?」なんて
事がありましたら、まずは私達にご連絡いただければ工務店との中立の立場となって
アドバイスさせていただきます。
私達が設計した住宅は私達の「子供」のようなものです。その子達の成長を見れる事
も楽しみの一つですし、お引渡をさせていただいたお客様と、お会いするのも非常に
楽しい一時なんですよ。



その他FAQにない具体的なご質問等がございましたらお気軽にご連絡ください。

mail : info@sside.jp

sside建築設計事務所